炊飯器で発酵食品を作ってみよう

発酵食品がブームに?

細菌の力を借りて発酵させてた食品には、独特のうまみ、栄養価が高まることに加え、長期の保存が可能になることから、古くから親しまれてきました。 近年になって、腸内に住む善玉細菌の働きを助け、環境を整えることで、身体全体の免疫力を高める効果についても注目されているんです。

炊飯器で手軽に作れる発酵食品

発酵食品というと、温度管理を失敗すると、発酵が進まなかったり、逆に進みすぎて失敗、など、こまめに温度を管理しないといけない、というイメージがあります。 でも、おうちには、長時間保温が可能な家電があります。 どの家庭でもあるであろう、それは、炊飯器なんです。

調味料としての発酵食品

大豆から作られた味噌や醤油、カツオに一種のカビを付着させることで作られる鰹節など、料理のうまみを引き出す調味料や出しに元として使われているものも発酵食品です。 この様に、料理に加えることで手軽に発酵食品を取ることもできるんです。 最近では自宅で手作りできるレシピも、Web上にあふれていますよ。

発酵食品のメリット

空気中に存在する微生物の力を利用して食材を発酵させて作る発酵食品。
その種類は、大豆や魚、肉などのタンパク質から穀物といったでんぷん質を含む物といろいろです。
人間が地球上に発現したころから存在しているといわれている、長い歴史を持つ食品なんです。
日本でも、味噌や醤油、納豆や漬物、鰹節など、発酵させて作られた食品は古くからありますが、近年になって、海外から輸入されてきたチーズやヨーグルトなども人気の高い発酵食品ですね。
なぜ、注目されているのか。
理由には、美味しさだけでなく、栄養価、消化効果の高さなどがあげられます。
腸内環境を整えることが、健康や美容にも効果があるということが分かり「腸活」などという言葉が使われるほど一般的になりました。
腸内環境を整えるためには善玉細菌が元気に、どんどん増えてもらうことが必要になりますが、その活動をバックアップする力が発酵食品にはあるんです。
また、2019年から世界規模で流行している新型コロナウィルスの影響で、健康や免疫力アップへの意識がより高まったことにより、一時は納豆が入手困難になる、などという社会現象も起きるほど、発酵食品への関心が高まっています。
また、家で過ごす時間が増えたこともあり、家庭内で発酵食品を手作りする方も増加しているんです。
ネット上でも、手軽に家庭で作れる発酵食品のレシピがたくさん公開されています。
特に、どの家庭でもある炊飯器を利用した発酵食品づくりは、お子さんと一緒に楽しみながら作れると話題です。
人気の手作り発酵食品について紹介していきます。

TOPへ