玄米が美容と健康に良い理由と美味しく食べるコツ

玄米を美味しく食べるコツとは

玄米は表皮に覆われているから硬い

玄米は表皮に覆われています。
そのため白米と違い、食感が硬くパサパサした食感に感じられる方も多くいます。
玄米は身体にいいけれど、食感が苦手という方におすすめなのが、玄米を美味しく食べる方法です。
玄米を水に浸して発芽させた発芽玄米はパサつきや硬さが気になる方におすすめの食べ方。
その方法はそれほど難しくありません。
玄米を水に浸して発芽させた後で、通常の玄米と同様に炊飯するというものです。
浸水させておくと1日から2日程度で発芽します。
水を換えて炊くだけで発芽玄米が感性です。
これだと玄米の硬さが軽減され、浸水時間も長くふっくらとしたお米を食べることが出来ます。
しかも発芽玄米は脳内をリラックスさせ自律神経を安定させるGABAが増加するだけでなく、玄米よりも様々な栄養が能力をアップさせるのです。

寝かせてメリットを伸ばす

玄米を美味しく食べるコツとして、寝かせ玄米という方法があります。
特に寝かせ玄米は注目度が高く、著名なタレントを始め、有名食品専門店などでも取り扱われている食品です。
意外と難しそうに見えて、一般のご家庭でも作ることが可能。
寝かせ玄米は玄米を一晩浸水させてから炊いたのち、天地返しを繰り返して3日保温状態で寝かせると完成します。
ちなみに天地返しとは、炊飯器の上と下を入れ替えるように混ぜること。
1日一回天地返しをすることで、玄米を起こすことなく寝かせて熟成させるので寝かせ玄米と呼ばれているのです。
寝かせ玄米はもっちりとした食感が特徴で、タンパク質やポリフェノールなどの栄養も豊富に含まれています。
玄米生活を始めるなら、こうした食べ方を学び、様々な食べ方を組み合わせて食べ飽きを防ぐよう努めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る