炊飯器で発酵食品を作ってみよう

>

発酵食品がブームに?

日本人に愛されてきた発酵食品

日本では古くから漬物や味噌、納豆などの発酵食品は毎日のように食卓に並んできました。
食材そのものが持つうまみを引き出し、さらに、健康や美容に良い効果をもたらしてくれる発酵食品。
その効果は健康志向の高まりとともに、一般にも広く知られることになりました。
そして、新型コロナウィルスの流行もあり、ステイホームが推奨されたこともあり、自宅で、発酵食品を手作りする方が増え、さまざまなレシピに注目が集まっています。
発酵食品とは、空気中の細菌の働きを利用して、食材を発酵させ、作られます。
大豆、魚や肉などのタンパク質、米、麦などのデンプン質を、麹や酵母菌などが分解し、アミノ酸やグルタミン酸、アルコールや乳酸などが生成されるのです。
グルタミン酸といえば納豆や鰹節等に含まれるうまみ成分の代表格ですよね。

腸内環境を良好にする発酵食品

発酵食品が注目されるのは、腸内環境を整えることに効果があるから、ということもあげられます。 腸内環境を整えると、どの様なメリットがあるのでしょうか。
発酵食品は、腸内細菌、中でも、栄誉の吸収および排出、そして、人間の体では作り出せない栄養素を生成する、という役割を担う善玉細菌の働きを活発にさせる効果があるのです。
腸内細菌は100兆個にも及ぶ数が存在していますが、善玉細菌、悪玉細菌、日和見細菌(善玉でも悪玉でもない)に分類されます。
悪玉細菌は腐敗物質を排出したり、細胞を老化させるマイナスな役割をします。
日和見細菌が最も多く、次に善玉細菌で、悪玉細菌は実は少量なんです。
でも、腸内環境が悪くなると、日和見細菌は悪性の方向に働き出してしまいます。
善玉細菌の働きを助け、腸内環境を良好にしておくために、発酵食品は大切なんですね。


この記事をシェアする

TOPへ